沖縄県医師会 メディネット大樹おきなわ。
検索キーワード、
?検索方法のヒント   
このコンテンツは、
の順に辿れます。

平成15年ハブ咬症注意報


本県には、猛毒を有するハブが生息し、年間100人前後の咬症患者が発生しております。

1年のうちでも、気温が暖かくなる5月から6月は、ハブの行動が活発になり、加えてこの時期は、農作業や行楽等で田畑や山野への出入りが多く、ハブ咬症被害も多く発生しております

また、住宅敷地内でのハブの目撃情報及び咬症事故も多いため、敷地内の環境整備を行い、ハブの隠れ場所をなくし、餌となるネズミを駆除する等、ハブが生息・侵入しにくい環境を整える必要があります。

ハブ咬症被害は、私たちの注意によって未然に防止することができます。

田畑や山野、草地等への出入りや夜間に歩行する際には十分に注意するよう心がけましょう。

もし、ハブに咬まれた場合は、落ち着いて次のように対処しましょう。
  1. 激しい動きをしないで、身近な人に助けを求める。
  2. 応急処置として傷口から吸引器等で独を繰返し吸出す。
  3. 早急に医療機関で治療を受ける。

今年も既にハブ咬症の発生が報告されており、今後もハブ咬症の発生が予想されることから、沖縄県では、平成15年5月1日から6月30日までの間、ハブ咬症注意報を発令し、広く県民や観光客の皆さんがハブ咬症被害を未然に防止するよう呼びかけます。



沖縄県福祉保健部長
     稲福 恭雄



コピーライト 2002 社団法人 沖縄県医師会。
リンクポリシー著作権についてメール