「うりずんの頃」


 市場前の露天で、昔ながらに、野菜売りをするオバー達の商いの賑やかな声。
その角を露地裏に入ると、それとは裏腹に閑静な住宅が立ち並ぶ。
 朝の診療を終えての昼下がり、そこを通ると、イッペイの花が鮮やかに咲き誇っていた。
SKY BLUE をバックに LEMON YELLOW か、LIGHT YELLOW か知らないが、
そのトロピカルな色の共演は「うりずんの頃」そのものであった。
おまけに、ブーゲンビリアの小さいピンクの花が添えてくれたのが嬉しい。


福嶺医院 福嶺紀功

医師会報メニューへ